パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>都遊協、受動喫煙防止関連セミナーに100人 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

都遊協、受動喫煙防止関連セミナーに100人

都遊協(阿部恭久理事長)は7月6日、東京都新宿区の「遊技会館」で「サマーフォーラム2018」を開催。約100人の組合員店舗関係者が受講した。第1部は受動喫煙防止関連セミナーで、国会で審議中の健康増進法改正案と6月27日に成立した東京都受動喫煙防止条例の要点を、日本たばこ産業東京支社社会環境推進担当の吉田祐介課長が説明。「どちらもホールは原則、屋内禁煙。だが、喫煙専用室が設置可能なほか、加熱式タバコは(専用エリア内であれば、)遊技しながらでも吸える」とし、法改正後は喫煙専用室や加熱式タバコ喫煙室の基準を、厚労省が省令でどのように定めるかを注視する必要があると語った。また、風適法実務のアドバイスを行うのぞみ総研の日野孝次朗取締役は、既存店に喫煙専用室や加熱式たばこ用遊技エリアを設ける場合の手続きに触れ、「客室の範囲や数、面積が変われば、構造・設備の変更承認申請が必要で、所轄署に申請してから工事し、工事後に実査してもらう。遊技機の変更承認申請と同じ流れであることを忘れずに」とした。第2部は、メーカー動向に詳しいパチンコ・ビレッジの村岡裕之社長が、今年下半期の新機種情報を伝えた。

20180711_toyukyo.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
店内禁煙へ 今から備えを!

●店長は客数減を勘ぐる必要なし!?
●損か得か? 吸える時代の禁煙化
●まずは自店の喫煙客数の把握から
●全台で喫煙しながら遊技が可能?

▼レジャー白書2018
市場規模は5年連続の縮小 ついに20兆円割れ

▼PGトピックス
依存症対策基本法とIR実施法カジノ実現へ、二つの法律が成立

ニューギン恒例の「花慶の日」ファン3200人が集結

真城チャレンジプロジェクト第1弾 1000台超の全席禁煙店が誕生


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg

no2_pr_ryu2.jpg
cla04.gif
smap.jpg


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved