パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>全日遊連、誓約書未提出は実質103店舗 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

全日遊連、誓約書未提出は実質103店舗

全日遊連(阿部恭久理事長)は9月18日、東京都港区の「第一ホテル東京」で定例理事会を開催。コロナ禍に鑑み、リモート参加(21組合)を交えた初の会議となった。記者会見で阿部理事長は、パチンコ・パチスロ産業21世紀会が決議した「旧規則機の取り扱い」に関する誓約書の未提出ホールが144店舗(うち41店舗が休業)である現状に言及。未提出ホール、および撤去期限を過ぎた高射幸性回胴式遊技機を設置するホールへの対応について、「全日遊連が何かしらのペナルティーを課すことは、独禁法抵触の観点からも非現実的。中古機流通協議会を通じ、販社団体にも協力をお願いしているが、その先の判断はお任せする以外ない」と語った。また、決議の順守に関連し、各都府県方面遊協に定款への追記を要請している「組合員資格停止に関する規約」の進捗について、8月末時点で議決済みが3組合、検討中が38組合、未検討が10組合であることを報告。「消極的な姿勢に止まる組合からは、その有効性に懐疑的な意見も多い。しかし、そもそも当該規約の意義は懲罰性ではなく、ホールの姿勢を明確にすること」と強調。その上で、メーカー個社が不順守ホールに対して検討する「取引内容の見直し」に触れ、「両者が噛み合わさることでどうなるか。そこまで踏まえた上での規約の重要性を、理事会で改めて説明した」と述べた。

20200924_zennichi.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
新時短+加熱式で攻める!

●競合に差をつける遊タイム訴求術
●ブランディングで客数増!
●見えてきた貢献の"質"
●同じやるなら、振り切らなきゃ損!?
●「先手は万手」が答えなり
●"一発逆転"は幻想
●喫煙という選択肢の提供を
●禁煙・喫煙両者を均等に


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg