パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>千葉県遊協、組合員ホール数が15店舗減 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

千葉県遊協、組合員ホール数が15店舗減

千葉県遊協(田中幸也理事長)は6月10日、千葉市の「京成ホテルミラマーレ」で第54回通常総会を開催。冒頭、田中理事長は緊急事態宣言に伴う休業要請に協力した店舗に謝辞を述べた上で、「解除後も第2波、3波が懸念されることから、21世紀会制定の『新型コロナウイルス感染症の拡大予防ガイドライン』に沿った遊技環境を徹底してほしい」と要望した。議案審議では、組合員ホール数が386店舗(前年度対比15店舗減)となったことや、市川市など、3市2町に対し、防犯パトロールカーを計5台寄贈したことを報告。これにより、2006年開始からの寄贈台数の累計は70台に。そのほか、今年度の賦課金を昨年度の1台あたり48円から40円とするなど、すべての議案を承認した。また、来賓として登壇予定だった千葉県警生活安全部の鈴木満部長の祝辞を、前田和彦専務理事が代読。「ぱちんこ遊技機等の変更承認」に伴う実地調査について2020年4月1日より、一部を書面審査のみとする試験運用に言及し、「全国初の本取り組みだが順調に推移しており、千葉県がモデルケースとなるよう、引き続き努める」とした。

20200622_chiba.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
アフターコロナの営業スタイル

●"安心感"の落とし穴
●「勝ち体験」から定着へ
●長く使えるCRの甘デジを買え
●ユーザーの二極化が進む!?

▼特別レポート
第3次パチンコバッシングを考える


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg