パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>平和が2機種を同時発表 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

平和が2機種を同時発表

平和は9月5日、東京都台東区の営業本部ビルで「闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機」(オリンピア製)、および「P亜人」のプレス発表会を開催。前者は、ナビ回数管理型で、1セット10~100回、1Gあたりの純増が約4枚のAT機。おなじみの「道」演出や、3人組の「お願いしまーす!」で継続するATなど、2002年導入の初代「猪木」を色濃く継承している。販促・宣伝チームの山形直仁氏は「AT初当たり確率が、約681分の1~約341分の1と約2倍の差があり、設定6の出玉率は114.9%。『猪木』にふさわしいスペックとなった」とPRした。後者は、旧1種2種混合タイプで、大当たり確率319.6分の1のミドルと同199.8分の1のライトミドルタイプの2スペックを用意。ミドルタイプは、RUSH突入率が100%、継続率は約82%。ライトミドルタイプは、RUSH突入率が約50.1%、継続率は約86%となっている。同チームの田中誠二郎氏は「ミドルは平均TY、いわゆるモードTYともに、約5895個。ライトミドルは平均TYが約3485個で、モードTYが約6183個。高い出玉性能を実現できた」と述べた。ホール導入は、前者が10月21日、後者が11月5日から。

20190910_heiwa.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
バイト・中途・新卒採用の傾向と対策

●情報化世代のツボを突け!
●優位性は早期キャリア形成
●採用は人事の専任にあらず!

▼レジャー白書2019
市場規模は6年連続の縮小 20兆円割れは免れる 

▼特別インタビュー
メディアミックス/高橋 和裕社長
30年磨いた"高橋メソッド" 原点は「不完全な人の魅力」にあり


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg