パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>サミーが「蒼天」&「北斗」2大タイトル発表会 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

サミーが「蒼天」&「北斗」2大タイトル発表会

サミー(本社・東京都豊島区、中山圭史社長)は9月21日、東京都港区の「ラフォーレミュージアム六本木」で「ぱちんこCR蒼天の拳」「パチスロ北斗の拳 世紀末救世主伝説」のプレス発表会を開催した。小口久雄専務は「キーワードは“北斗、神拳勝負”。二つの北斗は、史上最強のパチンコ&パチスロとして生まれ変わりました」とあいさつ。「蒼天の拳」は2009年に登場した同タイトルの後継機で、大当たり確率383.3分の1、確変継続率約75%のバトルタイプ。前作のDNAを継承しつつ、ユーザーのニーズに徹底的にこだわったという。炭谷和弘PC研究開発本部長は「バトル中の大当たりはすべて15ラウンド。モード系演出も32回転限定となっており、ユーザーに不安感を抱かせません。男らしくきっちりした台です」と自信を見せた。「北斗の拳」は、4号機の初代北斗をほうふつさせるゲーム性と、純増約2.2枚/Gの破壊力あるARTが特徴。「継続、上乗せ、ストック…ARTが可能とするすべての機能を結集した『激闘乱舞』、中段チェリーが約2分の1の確率で出現しまくる『拳王乱舞』を堪能してください」と小口専務。発表会にはスペシャルゲストとして、日本と韓国で活躍する女優の笛木優子さんも登場。「私も導入が楽しみ。素敵な台で気分を盛り上げ、楽しくプレーしてほしいですね」とPRした。ホール導入は「蒼天」が11月、「北斗」が12月の予定。

sammy_2dai_hokuto_souten_2011.jpg

<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
新機種続々、パチンコここに注目

● V確2回ループタイプ
● 時短+保留タイプ
● 電チュー非搭載の隠れSTタイプ
● 旧1種2種混合2回ループタイプ
● 規定ゲーム数消化後モード移行タイプ
● 設定差の大きいタイプ
● 特図1・2打ち分けタイプ
● 高継続タイプ

▼特別企画
業界10大ニュース2019


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg