パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>船井総研、中小に4パチバラエティー戦略推奨 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

船井総研、中小に4パチバラエティー戦略推奨

船井総研は12月18日、東京都千代田区の東京本社で「次世代経営者REモデルセミナー」を開催。REモデルとは、定番機・大型版権機主体の4パチ営業を見直す意味で、徳村英志チーフ経営コンサルタントら、3人が登壇。徳村チーフコンサルタントは「今年、増収増益の当社会員は4パチに力を注いだ企業ばかり。低貸しやパチスロに注力した企業は、増収増益を達成できていない。今は4パチ強化が時流」とした。その上で、2016年は25%だったバラエティー客数比率が、今年は40%に伸びていることなどを理由に、中小ホールに対して4パチバラエティーへの特化を推奨。成功させるには販促や接客も重要だとして、「本部が店舗を全面支援する組織に変える必要がある」とも話した。また、大阪の有力ホール・べラジオコーポレーションの吉田拓朗社長がゲストで登場。減収減益を続け、かつ昨年2月に店長の不正が発覚したことなどから、今年2月より本部主導の店舗運営への移行を進めるほか、4パチバラエティーに特化した店づくりに取り組んでいる現状を説明。「12月の売り上げが2016年4月の社長就任以来、初めて前年同月を上回る見込み」と成果を語った。

20181225_funai.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
集客、あの手、この手

●集めるよりも、魅了しろ
●ポスター ●SMS ●SNS ●出店
●総付景品 ●動画 ●DM 
●一般景品 ●スーパーバイザー制 ●LINEボット

▼特別レポート
消費税10%時代 今からどう備えるか

曲がり角を迎えた取材と称する広告宣伝─その後─

▼ピープル
株式会社タツミコーポレーション 李煥辰社長
財務を見直し、反転攻勢へ 「ミクちゃん」に変化の胎動


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved