パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>全遊振、5号機の撤去日は3カ月前から告知を ■サイト内検索 

HOT TOPICS

全遊振、5号機の撤去日は3カ月前から告知を

全遊振(曽我部康二会長)は11月12日、オンラインで第6回ウェブセミナーを開催。パチスロの設定代行サービスなどを行うメイドインサービスの飯田信一常務と人材教育や研修を行うミチスケジャパンの永澤有希人材プロデューサーが講演した。飯田常務は、同社のデータを元に、「ミリオンゴッド-神々の凱旋-」と「沖ドキ!」(30φを含む)の撤去後について、「3機種の台粗利は平均8572円。一方、6号機全体の平均は3289円と、すべて6号機と入れ替えるとしたら、61.63%ダウンすることになる」とし、高粗利の5.5、5.9号機の導入や低貸しコーナーの減台・撤去を推奨。実績として2万枚以上の赤差玉が出たことがある「押忍!番長3」「パチスロエウレカセブンAO」などを紹介した。また、5号機撤去に関して、3カ月前から撤去日を告知することを提案。「突然撤去するのは、ホールの信用を失う可能性がある。撤去する遊技機はすべて、台間や幕板などに、掲示してほしい」とアドバイスした。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
地域一番店を追う2020(前編)

●"変わらぬ海"こそ、最大の戦略
●無敵神話を支えた営業哲学
●冒険をおそれず、エリア支持率55%

▼特別企画
2020業界10大ニュース


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg