パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>ピーマップスが「第83回機械研究会」を開催 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

ピーマップスが「第83回機械研究会」を開催

ピーマップス(本社・東京都台東区、三浦敦社長)は9月17日、同区の「ジュエラーズタウン・オーラム」で「第83回機械研究会」を開催。講師として、船井総研の島田雄一郎チーフ経営コンサルタントや矢野経済研の椎谷則映研究員らが登壇した。両氏は、9~11月の閑散期を乗り切るために必要な機械運用についてレクチャー。島田コンサルタントは、パチンコに関して「マニアックな機種を少台数で導入してバラエティーを充実させるといった仕掛けは体力を消耗させるだけ。市場全体が盛り上がる話題機を多台数導入し、大切に使うのがベター」とする一方、パチスロに関しては、「何が受けるか分からない状況で、特定の機種に頼るのは危険。フットワークの軽いパチスロ客なら、珍台が集客につながる面もあるので、パチンコとは逆に幅広い機種をそろえた方が良い」と語った。椎谷研究員はパチスロユーザーの動向について、「射幸性の高い機種ほど稼働の低下が早い」と指摘。「『北斗転生』のような、中射幸機でもプレーヤーの投資負担は軽くない」として、「顧客の流出を防ぎ、遊技時間をのばすためには、高射幸機の受け皿となる中・低射幸機の強化が必要」と話した。

p-maps_2013_9.jpg

<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
激動の10年を振り返る(後編)

● メーカー&ホール編
● 組合編

▼特別レポート
消費増税10%の影響

▼注目機レポート/
PAスーパー海物語IN地中海
変わらない遊びやすさに 新たな期待感をプラス 


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg