パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>エンビズDI調査でパチスロ改善が明らかに ■サイト内検索 

HOT TOPICS

エンビズDI調査でパチスロ改善が明らかに

エンビズ総研(本社・東京都台東区、藤田宏社長)は4月14日、第40回パチンコ景気動向指数(DI)調査の結果を発表した。調査期間は3月19~30日で、有効回答数は66社。全般的業況はマイナス29.0で、前回調査時(昨年12月)のマイナス41.5からは12.5ポイント上昇。パチンコの稼働状況もマイナス30.1と、前回から12.6ポイント上昇した。パチスロの稼働状況は12.9で、前回から37.6ポイントの大幅改善。パチスロの稼働状況がプラスになったのは、05年6月以来。また、6月から運用が始まる中古機流通の新スキームが、自社の機械戦略に与える影響も質問。新スキーム始動後の新台購入台数は、変わらないが55.4%、減少38.5%、増加6.2%。中古機購入台数は、変わらないが55.4%、減少23.1%、増加21.5%。チェーン店移動台数は、変わらないが42.6%、減少42.6%、増加14.8%。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
地域一番店を追う2020[後編]

●足元の利より、10年生き残る営業
●シビアな環境が育んだ生存戦略
●一番への"志"が動かす巨艦店

▼新春恒例企画
2021年を占う私の一文字

▼営業支援特集 
新時代にはこの商材! 快適空間創造プラン


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg