パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>ダイナムがPB機のブランド「ごらく」を発表 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

ダイナムがPB機のブランド「ごらく」を発表

ダイナムは1月27日、東京都荒川区の本社で「プライベートブランド(PB)パチンコ機お客さま体験会」を開催。PB機を「ごらく」というブランドで展開していくことを発表するとともに、都内系列店の優良会員客の中から22人を招き、2月にグループ全店(451店舗)に導入する同ブランド第1弾「CRフィーバーパワフル2018DS」「CRフィーバークィーン2018DS」の体験会を行った。藤本達司社長は「2006年の『CR満願チューリップVL051』を皮切りに59機種のPB機を導入してきたが、気軽にパチンコを楽しんでほしいとする当社のPB機にかけた思いをより広めるべく、ブランド展開することになった」と説明。今回の2機種はジェイビーの「CRフィーバーパワフル2018」(大当たり確率99分の1)と「CRフィーバークィーン2018」(同106分の1)をもとにしたもので、一般販売に比べて、大当たり確率は109.8分の1とやや辛いが、前者は4R比率を下げ、6R比率をアップ。後者は大当たりのフルラウンド(一般販売は16R、PB機は15R)比率を上げるなどした。各1000台。招待客からは「早く店で打ちたい」(81歳の男性)との声が聞かれた。

20180201_daynam.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
転換期に経営者はどう挑むのか?

●3年で2店舗出店が生存の最低条件
●「三本柱の業」で企業に持続力を
●出店も合理化も基本はドミナント
●薄利営業と人材強化で拡大
8

▼短期集中連載①/
激変するホール営業2018 第1回
ホールコン不要は本当!? 常識覆すシステムの実力
40

▼PGレポート
技術上の規格解釈基準を警察庁が改正
22


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg

no2_pr_ryu2.jpg
smap.jpg


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved