パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>日工組が「時短」に関する内規 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

日工組が「時短」に関する内規

日工組(井置定男理事長)は3月18日、内規を改正した。これは、「変動時間短縮機能を備えた遊技機」に関するもので、「本来『おまけ』である時短機能を使い、射幸性の高い性能を有する遊技機を作らないこと」が目的。時短回数は、通常時の大当たり確率の分母から「最大保留数+1」を引いた回数よりも少なくすることが求められる(確変作動中の時短回数は除く)。たとえば、大当たり確率90分の1で保留4個タイプなら、時短は84回転まで。遊技状態などにより、時短回数を複数設ける場合は、特別図柄表示装置(メーンデジタル)と遊技状態の組み合わせごとに時短回数の平均を求め、その最大値を使用することになっている。適用は5月1日納品分から。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
地域一番店を追う2020(前編)

●"変わらぬ海"こそ、最大の戦略
●無敵神話を支えた営業哲学
●冒険をおそれず、エリア支持率55%

▼特別企画
2020業界10大ニュース


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg