パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>南州ソフトウェアがホール動向解説セミナー ■サイト内検索 

HOT TOPICS

南州ソフトウェアがホール動向解説セミナー

ホール向けに客数・客層調査分析システム「NAPPA」を開発・販売している南州ソフトウェア(本社・横浜市、クリストファー・テーラー社長)は2月14日、東京都中央区の「TKP東京駅日本橋ビジネスセンター」で「2011年のホール動向解説セミナー」を開催。船井総研の上席コンサルタント・奥野倫充氏が講演した。奥野氏は、鳥取県米子市では1円等価専門の繁盛店が複数出現したことによって、4円パチンコがマイナー市場に変化していると解説。1円等価専門店は、2011年の台風の目になる可能性があると指摘した。また、その一方で、今年は4円パチンコの業績アップを見据える年だとも強調。「そのためには、4円パチンコの正面突破を狙うのではなく、まずは5スロのIN枚数を上げるなど、比較的簡単なことから成果を出して、準備を進めるべき」と提案した。また、その後の講座では、南州ソフトウェア・第一営業部の日野藤一郎課長が、同社製品「NAPPA」で得られた客数・客層データをもとに戦略を立案し、業績アップを実現したホール事例を紹介。会場後方には、実際にiPhoneなどの携帯端末とパソコンを利用して「NAPPA」を体験できるブースも用意し、来場したホール関係者の関心を集めていた。

nanshu_soft_2011_semi.jpg

<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
新時代の人材を考える

●興味があるのは"今"でしょ
●キャバクラ嬢的コミュ力で集客
●採用人員と管理職の注釈がカギ

▼新春恒例企画
2022年を占う私の一文字


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg