パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>「ドラゴンクロス」流通過程で裏返った? ■サイト内検索 

HOT TOPICS

「ドラゴンクロス」流通過程で裏返った?

岡崎産業(本社・三重県松阪市、岡崎安弘社長)が発売したパチスロ機「ドラゴンクロス」に大量の不正改造機が見つかった問題で、同社と近しいA氏が本誌の取材に対し、「流通過程で裏返った可能性が高い」と答えた。同機の流通は「販売会社C社と、C社が岡崎産業に紹介した物流会社が担当していた」と同氏は語る。本誌がC社に取材を試みたところ、同社社長は入院中で、事情に詳しいとみられる取締役はC社スタッフでさえ「連絡が取れない状態」だという。メーカーと近いA氏の説明をうのみには出来ないが、岡崎産業は「不正改造には一切関わっていない」と断言しており、C社の動向に注目が集まっている。また、不正改造機では偽造されたV2チップを取り付けたものと、正規のV2チップ下に不正基盤を重ねた、いわゆる“ゲタ”改造の2パターンがあることが本誌の調べでわかった。V2チップに関しては、生ロム別で6〜7種類、印字別も合わせると計10種類前後の偽造チップが確認されている。それぞれ少しずつバージョンアップしながら、製作されてきたものとみられ、長期間にわたり不正部品を製作してきた者が事件にかかわっている疑いが強い。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
激戦区をめぐる2019(前編)

●埼玉県越谷エリア/
1642台vs1468台の戦いで隣接商圏から地元客を奪還!?

●広島県福山市南部エリア/
地元企業の底力がメガホールを退ける!?
8

▼特別インタビュー
富山県遊技業協同組合 永森豊隆理事長
地方の問題は全国の問題 県外法人の意見こそ糧とせよ
18

▼特別レポート
働き方改革スタート
20


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg

medeiamix.gif



©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved