パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>警察庁が規則改正案に対する意見の募集を開始 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

警察庁が規則改正案に対する意見の募集を開始

警察庁保安課は7月11日、ホームページで風適法施行規則と遊技機規則の改正条文案を公表。パブリックコメントの募集を開始した(8月9日まで)。改正の目的は、ギャンブル等依存症対策の強化の一環として、過度な遊技の抑制を図るため。出玉性能を現行の3分の2程度の水準となるよう、規制する。まず、パチンコは、従来1時間と10時間の2種類だった出玉率試験に4時間試験を新設。出玉率について、1時間試験は300%以下だったものを220%以下に変更し(今まで規定のなかった払い出し玉数の最低個数も、発射球数の3分の1を下回ってはならないことと明記)、10時間試験では、200%以下としていたものを3分の4を超えてはならないことに。1回の大当たり出玉の上限も、従来の2400個から1500個に引き下げている。一方、パチスロの場合、出玉率試験は400Gと6000G、1万7500Gの3種類だったが、1600G試験をプラス。出玉率について、1万7500G試験は従来の55%以上・120%以下を60%以上・115%以下にするなどとした。1回のボーナスの払い出し枚数の上限も、従来の480枚から300枚に引き下げている。出玉性能以外では、パチンコにも6段階の設定を認めているほか、管理遊技機に関しても、設置を可能にする文言を盛り込んでいる。なお、現行基準の検定・認定機について、警察庁は、HP上で改正条文案とともに公表した別紙の中で、「附則で定める各起算日から3年間は、引き続き営業所への設置を認めることなどを規定する」としている。施行日は2018年2月1日。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集

「賞品問題」をもう一度

●経済原則の中で換金を考える
●第三者性を担保する最低条件
●第三者性を補強する三つの方策
●ホールと問屋の連携が不可欠
8

▼ピープル
大分県遊技業協同組合 力武一郎理事長
依存問題対策を契機として働く人が誇りを持てる業界に
20

▼注目機レポート/
パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒
バトルを制してRUSHを目指せ期待値はアベレージ1350
30


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg


pix_bana.gif


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved