パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>アミュゼクス、都下の駅前エリアの現状を解説 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

アミュゼクス、都下の駅前エリアの現状を解説

アミュゼクスアライアンスは7月11日、東京都港区の「三田NNホール」で定例セミナーを開催。同社の田守順代表、矢野経済研究所の高橋羊上級研究員、PSプランニングの渥美公一社長が講演した。高橋上級研究員は、6月の新店動向の中で、240台の低貸し専門店が出店した、西武新宿線・久米川駅前に注目。「同エリアは、1km商圏内の昼間人口2万9792人(全国平均は2万3107人)に対して、台当り人口が35.9人(全国平均は18.5人)と、パチンコ自体のニーズが低下している地域」と、立地特性を解説した。その理由を「駅前でパチンコを打てない老齢人口が増える一方、30~40代のメーンユーザーは、平日は都心の勤務先近くで、週末は郊外で打つ傾向が強まっているため」と説明。その上で、「同様の現象は八王子や町田でも起きており、駅前といっても、人口統計などの数字だけでは出店を判断できなくなってきている」とした。渥美社長は、過去データから稼働貢献が短命になる機種の特徴を解説。「MBなどのミニボーナス搭載タイプ」「天井ゲーム非搭載」「初日のアウトが2万枚以下」「設定1のコイン単価が3円以上」「設定1のMY単価が800未満」のいずれかに該当する機種は、短命機種の可能性が高いとした。

20170713_amyu.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
パチンコ・パチスロ ホール営業2018

●"時短+保留"が市場を席巻する!?
●夜は役物機で稼働アップを狙う
●旧基準機は広域用の集客ツール
●低貸しは逃げではなく、攻めに使う
8

▼新春恒例企画
2018年を占う私の一文字
20

▼営業支援特集
データが店舗力を上げる! 注目の分析&管理ツール
27

ホールににぎわい感を! 客を呼ぶ特設店舗
43


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg

no2_pr_ryu2.jpg


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved