パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>日遊協が厚生労働省に受動喫煙対策へ意見陳述 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

日遊協が厚生労働省に受動喫煙対策へ意見陳述

日遊協(庄司孝輝会長)は9月20・21日に厚生労働省が開催した「受動喫煙対策について関係団体からご意見を伺う会」で意見陳述。同会には堀内文隆専務理事と薛博夫社会貢献・環境対策委員長が出席した。神奈川県と兵庫県の受動喫煙防止条例ではパチンコ店への規制が努力義務になっていることや、遊技参加者のうち、喫煙者が43.2%にのぼることなどを主張。その上で、業界の規模の大きさ、喫煙者の多さ、18歳未満の立入禁止などの性格を有している点を考慮し、サービス業施設という大枠で一括りにするのではなく、施設を細分化して、それぞれに適した対策を検討することを要望。自民党のたばこ議連の対策案では、施設の類型として、販売店等のサービス業・娯楽施設を一区分とし、「禁煙」「分煙」「喫煙」の表示を義務化することで可とするなど、業界の事情に適した対策案を掲げていることを伝えた。日遊協は、昨年11月に開催された厚生労働省の受動喫煙防止対策強化検討チームの公開ヒアリング、今年2月に開かれた「自民党厚生労働部会の受動喫煙防止対策強化について団体ヒアリング」、3月に行われた自民党たばこ議連の総会にも出席し、意見を述べている。

20171002_nichiyoukyo_kistuen.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集

遊技機規則改正後の風景

●319分の1は適合しない?
●1300個制限を16割分岐でフォロー
●3年間で2000店舗が減少?
●2004年の改正を教訓にする
8

▼特別インタビュー

日本電動式遊技機工業協同組合明日の日電協を考える委員会 吉国純生委員長
業界歴約40年の経験を生かし、パチスロ文化のPRに全力を
26

▼注目機レポート/CR悪代官
T1Yは1890個 時代に即した役物機
38


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg

no2_pr_ryu2.jpg

earu.jpg

©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved