パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>宮城県遊協が恒例の新春研修会 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

宮城県遊協が恒例の新春研修会

宮城県遊協(竹田隆理事長)は2月5日、仙台市の「パレスへいあん」で新春経営者研修会と懇親会を開催。宮城県警暴力団対策課の小野寺秀一課長補佐、同生活安全課の佐藤文俊課長補佐が講話、ホールのコンサルティング事業を手掛けるRe.designの小野真二郎社長が講演した。竹田理事長はあいさつで、「当県では、全国に先立って安心パチンコ・パチスロアドバイザーを各店3人以上配置している」と報告。今後も講習会を開いて、アドバイザーを増やしていくとした。佐藤課長補佐は「客寄せによるホールの都合で、入賞口付近の釘の開け閉め事案が発生している。このままでは、業界の信用が損なわれてしまう」と苦言を呈し、「規則改正によってパチンコにも設定の導入が認められたことは、釘曲げの抑制にも資するものである」と述べ、同事案の根絶を求めた。懇親会では、社会貢献寄付金贈呈式が行われ、「日本盲導犬協会仙台訓練センター」など、県民生活の安全に貢献している4団体と社会福祉関係4団体に寄付金(総額340万円)を贈呈した。

20180208_miyagi.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
店内禁煙へ 今から備えを!

●店長は客数減を勘ぐる必要なし!?
●損か得か? 吸える時代の禁煙化
●まずは自店の喫煙客数の把握から
●全台で喫煙しながら遊技が可能?

▼レジャー白書2018
市場規模は5年連続の縮小 ついに20兆円割れ

▼PGトピックス
依存症対策基本法とIR実施法カジノ実現へ、二つの法律が成立

ニューギン恒例の「花慶の日」ファン3200人が集結

真城チャレンジプロジェクト第1弾 1000台超の全席禁煙店が誕生


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg

no2_pr_ryu2.jpg
cla04.gif
smap.jpg


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved