パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>日工組、性能表示モニタや設定変更装置の概要説明 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

日工組、性能表示モニタや設定変更装置の概要説明

日工組(筒井公久理事長)は3月1日、東京都中央区の同組合会議室で、ホール5団体に対して、2月1日の型式試験申請分(要は新規則機)から適用している日工組の取り組みを説明。型式名の頭を、「CR」から「P」に変更。「CR〇〇物語XYZ」としていたものが「P〇〇物語XYZ」になるという。アレンジボールは「R」、じやん球は「J」、ちょいパチは「Pちょいパチ」を頭に付けることに(現金機には規定はない)。くぎ確認シートはサイズをA4判に統一した上で、全くぎに対応すべく、機種ごとに必要枚数を用意していく。また、性能表示モニタは主基板に搭載。ホール納品後の通常遊技中のベース値を、アウト6万個刻みで、7セグが常時点灯して表示する。確認できるのは、リアルタイムで計測中のベース値(アウト0~5万9999個の途中経過)、および直前、2回前、3回前のアウト6万個の当該ベース値の四つ。これらの数値が、約5秒間隔で、順に繰り返し表れる仕組みだ。そのほか、設定変更装置は設定キースイッチと設定スイッチ、設定表示LEDで構成。設定キースイッチと設定表示LEDは、主制御基板に搭載するとした。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
作業効率を突き詰めろ!
●仕事の中にムダがある
●時短に導く12のツール


▼特別レポート
変則機の可能性


▼フォトレポート
「死にたいと言われることも...」
沖縄で電話相談に奮闘

今年もニコ超に! 「超パチンコ&パチスロフェスティバル2018」
2日間で6600人が参加 遊技機メーカー&ホール企業がPR


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg

no2_pr_ryu2.jpg
smap.jpg


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved