パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>回胴遊商、中古機流通のルール変更の可能性に言及 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

回胴遊商、中古機流通のルール変更の可能性に言及

回胴遊商(大饗裕記理事長)は7月27日、東京都港区の「第一ホテル東京」で関東・甲信越地区研修会を開催。約220人の組合員が出席した。大饗理事長は冒頭のあいさつで、メーカー3社が中古機の保証書を発給するとしていた件に言及。「(同件は保留となったが、)中古機流通システムにおける目視点検の精度に、メーカー側が疑問を呈したもの。そのため、中古機流通協議会で(不正対策の強化策を)議論していくことになっている。機材を用いての点検確認など、運用ルールの変更があるかもしれないが、そのときは協力してほしい」と述べた。行政講話では、警視庁保安課の高橋正樹係長が登壇し、「業界で使用済みとなったパチスロを利用した闇スロが後を絶たず、当庁管内でも6月下旬に渋谷の店を摘発した。新台設置から廃棄に至るまで、業界は適切な管理に努めてほしい」と要請。また、昨年11月から今年1月までリカバリーサポート・ネットワーク(RSN)に出向していた岐阜県のホール企業・長良川ボウリングセンターの大野真希取締役が「私が見たRSNの現状と業界が取り組むべき依存対策」と題して講演。RSNに対する一層の支援を呼びかけた。

20180731_kaidouyusyo.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
パチスロ注目5機種の推奨設定

●二番店以下の店は設定1を積極投入!?
●ジャグラー準拠は古い 黄金比は3:1:1
●無意味な設定2が高設定投入の妨げに
●10日に一度の全6で店のブランディングを
●偶数設定の活用が店舗の未来を切り開く
●自店の顧客を把握して、新時代を迎える

▼平成30年版風営白書
過去10年で最多 ホール数が536店舗減

▼注目機レポート/Pゾンビリーバボー~絶叫~
最短1秒で襲い来る 早さを極めた新規則機


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved