パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>札幌方面遊協が地震を受け、輪番休業と広告宣伝自粛 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

札幌方面遊協が地震を受け、輪番休業と広告宣伝自粛

札幌方面遊協(合田康広理事長)は9月10・11日、執行部、ならびに日遊協北海道支部の美山正広支部長、北海道遊商の畠山和生理事長、回胴遊商北海道支部の徳山健一支部長、および北海道電力の担当者が一堂に会し、緊急会議を開催。これに伴って臨時執行部会を開き、平成30年北海道胆振東部地震による電力不足への取り組みを決定。11日付で、傘下266店舗に通知した。実施するのは「輪番休業」「広告宣伝の自粛」「店内照明の節電」「店外照明の全面消灯」「空調設備の調整」の5点で、期間は同12~30日。輪番休業は平日に行うこととし、各店舗が1日ずつ、同組合の指定日に休業する(店舗休業指定日一覧を添付。同一覧は道警本部にも報告)。また、期間中に電力問題が収束しても、公平性の観点から、計画どおりに休業してもらうとも、付記している。外部に向けた電子掲示板、ネオンサインなど、電気を利用した広告宣伝は自粛。チラシもNG。店内照明は間引き点灯に努め、店外照明は全面消灯する(ただし、防犯上の理由による必要最小限の点灯を除く)。空調設備に関しては、特に消費電力が大きいため、営業中の設定温度の調整に配慮するよう、要請している。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
店内禁煙へ 今から備えを!

●店長は客数減を勘ぐる必要なし!?
●損か得か? 吸える時代の禁煙化
●まずは自店の喫煙客数の把握から
●全台で喫煙しながら遊技が可能?

▼レジャー白書2018
市場規模は5年連続の縮小 ついに20兆円割れ

▼PGトピックス
依存症対策基本法とIR実施法カジノ実現へ、二つの法律が成立

ニューギン恒例の「花慶の日」ファン3200人が集結

真城チャレンジプロジェクト第1弾 1000台超の全席禁煙店が誕生


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg

no2_pr_ryu2.jpg
cla04.gif
smap.jpg


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved