パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>風営法議連が、遊技機基準に関して提言 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

風営法議連が、遊技機基準に関して提言

時代に適した風営法を求める議員連盟は4月25日、国家公安委員会に「遊技機基準等に関する提言」を提出。「提言」では、型式試験の適合率が低い水準に留まっていることに憂慮を示した上で、以下の五つの観点への配慮を要請。①型式試験の結果の開示等の型式試験への適合を容易にするための方策を取り、<中略>適合率を向上させる上で隘路となっている点についての早急な改善を図るべき。②遊技機による遊技自体のゲーム性、エンターテインメント性の向上にも配慮し、そうした遊技機が開発可能な環境整備に一層努めるべき。③上記につき、警察当局と業界の協議の場を定期的に設けること。④依然として射幸性の高さとギャンブル等依存との因果関係が科学的に立証されているとは言えないことを踏まえ、科学的な知見を蓄積しながら、制度や実務運用が客観的に合理的なものになるよう、必要な見直しを検討すべき。⑤(「ATMの撤去等」が法令に基づき求められているものではないとした上で)パチンコ・パチスロ産業が、増加する訪日外国人観光客の娯楽の受け皿となりうるよう、警察当局はキャッシュレス社会に対応するイノベーショ促進を妨げないよう、最大限配慮すべき。最後に、型式試験の適合率が改正前の水準に上昇し、新規則機が普及するまで、「警察当局の取り組みをフォローしていく」としている。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
パチスロ注目5機種の推奨設定

●二番店以下の店は設定1を積極投入!?
●ジャグラー準拠は古い 黄金比は3:1:1
●無意味な設定2が高設定投入の妨げに
●10日に一度の全6で店のブランディングを
●偶数設定の活用が店舗の未来を切り開く
●自店の顧客を把握して、新時代を迎える

▼平成30年版風営白書
過去10年で最多 ホール数が536店舗減

▼注目機レポート/Pゾンビリーバボー~絶叫~
最短1秒で襲い来る 早さを極めた新規則機


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved