パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>東商流総会、阿部理事長が高射幸性パチスロ機の比率に... ■サイト内検索 

HOT TOPICS

東商流総会、阿部理事長が高射幸性パチスロ機の比率に言及

東商流(堀井努理事長)は10月29日、東京都豊島区の「ホテルメトロポリタン」で第30回通常総会を開催。平成30年(2018年9月1日~2019年8月31日)の事業活動では、組合員数が前期比7社減の110社になったことを報告し、金賞品流通システムの合理化の一環として、2020年初頭に深川と小松川の集荷場(金賞品の互換所)を統合し、12から11にすることを決議した。審議中には9月20日から実施した0.3g金賞品の価格改定に絡み、組合員から「0.1g金賞品の値上げ予定はあるのか」との質問が。これに対し、執行部は「喫緊の課題ではないが、可能性を考慮し、準備は進めている」と回答した。総会前には、警視庁保安課の栗城研生風俗保安対策官が講話。TUCショップ(東京の賞品買取所)を狙った強盗事件が今年、2件発生したとして、警戒を呼びかけた。また、総会後の懇親会であいさつした、都遊協の阿部恭久理事長は、全日遊連理事長としての立場から高射幸性パチスロ機の設置比率に言及。「来年の自主規制については、『2020年1月31日時点で15%以下とする』旨を、組合員ホールに通達した」ことを明らかにした。なお、内容については、11月13日の全国理事会で提案、決議する予定。

20191101_tosyoryuu.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
新時短のポテンシャル

●ヒット機種は1年後に登場する!?
●実現可能? スペックを大胆予想
●ハイエナよりもシニアを狙え

▼特別レポート
新型コロナウイルスの傷跡

▼特別レポート
ホールの余剰スペース有効活用


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg