パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>健全化機構、定期的な遊技機性能調査を終了 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

健全化機構、定期的な遊技機性能調査を終了

健全化機構(五木田彬代表理事)は5月22日、2015年6月1日にスタートした一般入賞口に対する遊技機性能調査について、5月末日(5年間分)をもって定期的な実施、および情報公開を終了すると発表。その理由として、①各団体が取り組みを推進し、特に大きな問題のない状況にあること、②2017年以降、常に100%の一般入賞口への入賞が確認されていること、③今年1月より、ホールの依存防止対策調査を開始し、マンパワーをシフトして対処していることを挙げている。ただし、遊技機性能調査の事業自体は今後も継続するとしており、仮に、異常を確認した場合は、行政通報するとしている。ちなみに、同調査が始まった2015年6月、入賞を確認できた台の割合は28.1%だった。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
新時短のポテンシャル

●ヒット機種は1年後に登場する!?
●実現可能? スペックを大胆予想
●ハイエナよりもシニアを狙え

▼特別レポート
新型コロナウイルスの傷跡

▼特別レポート
ホールの余剰スペース有効活用


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg