パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>全日遊連、不順守ホールへの罰則を検討 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

全日遊連、不順守ホールへの罰則を検討

全日遊連(阿部恭久理事長)は7月15日、東京都港区の「第一ホテル東京」で定例理事会を開催。6月23日の通常総会、および臨時理事会での再任後、初となるあいさつで阿部理事長は「遊技業にとって多難の時代だが、他団体とも協力しながら健全化に向けて各種取り組みを推進する」と決意表明。議事では、新型コロナウイルス感染症に伴う賦課金、および全日防連会費、特別会費の減免について、後期徴収分につき、2カ月分を免除することを決議した。理事会後の記者会見には新任の平岡聖教副理事長と星野謙副理事長を含め、平川容志副理事長、松尾道彦副理事長、千原行喜副理事長、合田康広副理事長、太田裕之専務理事ら新執行部が全員出席。旧規則機の経過措置1年間延長に伴い、パチンコ・パチスロ産業21世紀会が非組合員を含む、全ホールに提出を要請していた、計画的に旧規則機を撤去する旨を記した誓約書の回収状況について、阿部理事長は「7月14日時点で約97%に達しているが、一部で提出状況が悪いエリアかあるのも事実」と説明。その上で、21世紀会の決議事項を守らないホールに関し、「当該ホールが所属する団体から一定期間、組合員資格、会員資格を停止する方向で検討中。全日遊連としても現在、各都府県方面遊協にその旨の規約を追記するよう、要請している」と明言し、"決議の順守"に向け、厳然たる姿勢を示した。

20200721_zennichi.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
敏腕店長の営業術2020

●すべての人の信頼を勝ち取り、駅前店をV字回復
●マニアならではの観察眼 設定配分に自信アリ
●理由さえあれば即実践 凡がゆえに慢心なし!
●長野県ナンバーワン店舗を"仕事の虫"が守り抜く
●戦略はシンプルに「欲するところを与えよ」


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg