パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>SANKYOが、2機種を同時発表 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

SANKYOが、2機種を同時発表

SANKYOはこのほど、「Pフィーバーアイドルマスターミリオンライブ!」と「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア(甘デジ)」の販売を開始。前者は、2013年に携帯電話向けゲームアプリとして登場した、同名のアイドル育成ゲームをモチーフとした、大当たり確率319.7分の1の旧1種2種混合タイプ。初当たり後に突入する時短(100or150回)は、盤面右上の電チュー(特図1)で消化。この際、電チューとは別に特図2の入賞抽選も行っており、特図2入賞(大当たり確率1分の1)で「V-LOOP」を獲得(複数の可能性あり)。時短終了後、「V-LOOP」を獲得していればRUSHに突入し、「V-LOOP」(出玉約1500個が50%、同300個が50%)を消化。「V-LOOP」一つあたりの継続率は72%で、「V-LOOP」がなくなるまでRUSHが続く。後者は、2018年12月に市場導入された「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアLIGHTver.」に遊タイムを搭載した、大当たり確率99.9分の1の旧1種2種混合タイプ。基本的なゲームフローや演出はそのままに、低確率時299回転消化で「時短1回+残保留4個」の遊タイムに突入する。CR機からP機への変更に伴い、大当たりラウンド数は「4R(約280個)or8R(約560個)or12R(約840個)or15R(約1050個)」から「3R(約270個)or5R(約450個)or7R(約630個)or9R(約810個)」に。ホール導入は前者が2月8日、後者が3月8日から。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
2021年の最適配分

●パチンコの優位性は印象操作?
●活路見えない低貸し営業
●利益率8%で回遊は止まる
●どちらを選ぶも、基本はM&A

▼トレンドレポート
ウィズコロナの標準装備!? セルフ交換対応POS


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg