パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

index経営実務>実例に学ぶ人材課題の解消法(執筆/パック・エックス... ■サイト内検索 

経営実務

実例に学ぶ人材課題の解消法(執筆/パック・エックス・嶌田堅一)

2020.8月号/今後の採用選考は、ウェブ面接がカギ
新型コロナウイルスは、人々の生活様式を変え、マインドを変えてしまいました。その影響は、採用にも及んでいます。求職者が、ウェブ面接を望むようになったのです。「実際に会ってみないと、求職者の人となりを見抜けない」などと言って、対面での面接に固執する担当者がいますが、それは事実誤認というもの。ウェブ面接のメリット、活用方法などを、お伝えしていきましょう。

2020.7月号/身元保証制度は百害あって一利なし⁉
身元保証契約で個人が損害賠償を約束する際は、上限額を定めることが必須となりました。身元保障法では、保証人の責任が重くなりすぎないように、期間などが決められています。ホール企業は何に注意し、何をしなければならないのでしょうか。入社時に身元保証書を提出させず、後で提出させる方法などをお伝えするとともに、これからの身元保証の運用について考察していきましょう。

2020.6月号/身元保証の高いハードルは本当に必要なのか?
多くのホール企業が、入社が決まった人に身元保証書を提出させています。本人が会社に損失を与えた場合、保証人が支払いの責任を負うことを約束する書類です。危険人物を入社前に排除できる、入社後の不正の抑止力になるなどのメリットはありますが、保証人が見つからず、入社あきらめるケースが発生してしまうデメリットも。関連する民法が改正、施工されたのを機に、身元保証について考えてみましょう。

2020.5月号/現場の実情を伝えたら内定辞退者が続出!?
働き方改革の一環として、みなし残業の明示などが企業の義務になりました。入社後のミスマッチを減らすために、何事も正直に伝えるべきと考えるA社は、面接時に激務の実情を包み隠さず、応募者に話していました。しかし、これが裏目に。内定を辞退した人は、何を思い、なぜその結論に至ったのでしょうか。そして、A社はどのように改善したのか、あわせて見ていくことにします。

2020.4月号/人事が新入社員に伴走し、定着率がアップ
採用難の時代において、いかに優秀な人材を確保するかは、人事の重要なタスク。しかし、人材を確保しただけで、もろ手を上げて喜んではいられません。早期退職されてしまえば、採用に失敗したのと同じこと。入社辞退を対策したA社、早期退職を対策したB社の実例を挙げ、人事を含めた会社の受入れ態勢をどうするべきか、論じていきます。

2020.3月号/昔ながらの採用方法で企業は大ダメージを受ける
売り手市場、採用難の時代が続いており、ホール企業の苦労は絶えません。今回は、アルバイトスタッフからの社員登用だけを行っているA社と、中途採用も行い、社員研修に力を入れているB社の事例を取り上げます。一見、A社が失敗し、B社が成功しそうですが、事はそう簡単ではありません。どこに問題があるのか"腐ったミカンの方程式"を絡めて説明していきます。

2020.2月号/成功企業と失敗企業 採用手法の何が違う?
今回は、二つのホール企業の採用手法を比較したいと思います。
両社は人気企業で、給与水準、休日数、労働環境などがほぼ同じ。しかし、採用の目標達成に関しては、はっきりと明暗が分かれてしまいました。そこには、面接までのハードル、面接母数、業務効率の考え方などの相違点が。採用難の時代に合ったプロセスとは何か、考察していきます。

2020.1月号/反面教師として役立つ採用企業の失敗事例
今回は、採用企業の視点で事例をご紹介したいと思います。
人気企業が、選考方法を変えたことで、辞退者が増えてしまった例です。その原因をつくってしまった企業のミスとは、何だったのでしょうか。また、圧倒的な売り手市場なのに、選考時に後手に回ってしまう一言もあります。何が悪くて失敗してしまうのか、これを押さえて、自社に生かしてください。
2019.12月号/ベテランを支援することで個人も組織も成長する
最近は、班長や主任を長年にわたり務めている、中年の方の相談が増加傾向にあります。ホール現場を支え続けている人たちですが、思い通りの転職は困難なのが実情です。今回は、40代の主任の事例を挙げ、クルンボルツの「社会学習理論」と合わせ、転職がうまくいかない理由、個人として何をすべきだったのかを考察。ここに企業が介入することで生まれるメリットも、説明していきます。

2019.11月号/家庭と仕事の両立には企業の包括的支援が必要
家庭や生活環境の変化に伴う、今後のキャリアに関する悩み相談は珍しくありません。結婚し、家族が増え、子どもが成長すると、仕事一辺倒の生活サイクルは困難に。今回は、エース店長が他県への店舗異動の内示を受け、奥さんに反対された事例です。キャリア開発の考え方の一つ「ライフキャリアレインボー」という理論と合わせ、実際に店長がどうしたか、企業は何をするべきだったか、考察していきます。

2019.10月号/コミュニケーション不足がベテランの離職を誘発
2009年7月、有効求人倍率0.42倍という記憶に残る数値をたたき出してから10年。サービス業の有効求人倍率は、2009年7月の0.69倍から2019年6月に2.99倍へ。採用の難しさが数値からも如実に表れています。要因は何といっても人口減少。働き手が減り続ける中、人材の重要性はさらに高まると考えられます。
今連載では求職者の動向や背景をお伝えし、人材課題解消にお力添えできればと思います。


<BACK
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
敏腕店長の営業術2020

●すべての人の信頼を勝ち取り、駅前店をV字回復
●マニアならではの観察眼 設定配分に自信アリ
●理由さえあれば即実践 凡がゆえに慢心なし!
●長野県ナンバーワン店舗を"仕事の虫"が守り抜く
●戦略はシンプルに「欲するところを与えよ」


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg