パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>全日遊連、5月末の新規則機設置比率は目標未達 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

全日遊連、5月末の新規則機設置比率は目標未達

全日遊連(阿部恭久理事長)は6月7日、「旧規則機の計画的撤去の更なる促進について」と題した文書を各都府県方面遊協に発出。同日、メーカー団体、および販社団体から設置状況の報告を受けてのもので、5月末時点の「新規則機設置比率」を伝達した。新規則機の設置比率は64.2%で、5月末の目標値(65%)は未達成に。最もパチンコの入れ替えが進んでいるのは群馬県で74.6%、最も進んでいないのが鳥取県で62.6%。パチンコ全体では、70.1%と順調に推移。これに対し、回胴式遊技機は、最も進んでいるのが群馬県の63.9%、最も進んでいないのが沖縄県の32.5%。パチスロ全体では55.2%に。全日遊連は、「目標を大きく下回っている県もある」「回胴式遊技機の進捗状況は、目標値から10%近く低い状況にある」などと指摘。旧規則機の計画的撤去のさらなる促進を求めている。なお、5月7日にパチンコ・パチスロ産業21世紀会が定めた、新規則機の設置比率(PS合算)の目標値は、5月末が65%。以下、2022年1月末まで、8月を除き、月ごとに70%、75%、80%、85%、90%、95%、100%となっている。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
激戦区を追う2021(後編)

●仙台市東部エリア/"素通りエリア"に大手が10年ぶりの一手!
●大阪府枚方市淀川沿いエリア/隔絶エリアの600台は"さざ波"を起こせたのか?

▼特別レポート
「旧規則機=違法機」の常識を疑う


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg