パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>9月末の新規則機設置比率、パチスロは目標値を約20... ■サイト内検索 

HOT TOPICS

9月末の新規則機設置比率、パチスロは目標値を約20%下回る

全日遊連(阿部恭久理事長)は10月1日、メーカー団体、および販社団体からの報告を受け、各都府県方面遊協に9月末時点の「新規則機設置比率」を文書で伝達。9月28日時点における新規則機の設置比率は72.2%(目標値80%)。PS別の設置比率はパチンコが80%、パチスロが60.2%の結果に。都道府県別にみると、最もパチンコの入れ替えが進んでいるのが群馬県(85.7%)、最も進んでいないのが鳥取県(75.8%)。パチスロは最も進んでいるのが群馬県(69.5%)、最も進んでいないのが沖縄県(34.6%)。全日遊連は、改めて「傘下ホール各店舗における設置比率を正確に把握し、進捗計画を確実に実施するよう」求めた。なお、5月7日にパチンコ・パチスロ産業21世紀会が定めた、新規則機の設置比率(PS合算)の目標値は、10月末が85%。以降、2022年1月末まで、90%、95%、100%となっている。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
激戦区をめぐる2022(前編)

●千葉県習志野エリア/
県外大手が意地の戦い習志野戦争、勃発!
●東京都瑞穂町周辺エリア/
パイを分け合う均衡商圏にバランスブレイカー誕生か?

▼注目機レポート/P大工の源さん 超韋駄天 BLACK
継続率約93%はそのままに"大三源"級の破壊力


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg