パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>ダイコク電機、セミナーに約820人 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

ダイコク電機、セミナーに約820人

ダイコク電機は6月6・7日、東京都港区の「TKPガーデンシティ品川」で「SIS seminar 2018 Vision for the Future ~変革の時代を生き抜くために~」を開催。2日間で約820人が来場した。根本弘社長は「このように大勢の方にいらっしゃっていただけているということは、やはり業界の将来に少し不安感があるとともに、ダイコク電機に対して、多大なる期待があるのではないかと感じている」とあいさつした。講演では、MIRAIGATE-SIS統括部の成田晋治上席講師と服部祐治常任講師が登壇。成田上席講師は高射幸性パチスロ機の設置比率15%に向けて、「SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜絆」「アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-」「ミリオンゴッド-神々の凱旋-」を高射幸性パチスロ機の主要3機種とし「これらは、台数が多い店舗ほど、台あたりのIN枚数は増える。多台数持っている店舗は現状の台数を保持することがポイントになる」と話した。多台数、保持していない店舗には、「パチスロ化物語」や「パチスロラブ嬢」「パチスロ交響詩篇エウレカセブン2」などを残すことを推奨。「これらを1台持っている店舗は15%あるが、2台が6%、3台が6%、4台以上は1%と、複数台保持している店舗は極めて少ない。希少価値で差別化できる」と述べた。

20180612_daikoku.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
作業効率を突き詰めろ!
●仕事の中にムダがある
●時短に導く12のツール

▼特別レポート
変則機の可能性

▼フォトレポート
「死にたいと言われることも...」
沖縄で電話相談に奮闘

今年もニコ超に! 「超パチンコ&パチスロフェスティバル2018」
2日間で6600人が参加 遊技機メーカー&ホール企業がPR


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg

no2_pr_ryu2.jpg
cla04.gif
smap.jpg


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved