パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>A-gonが3段クルーンの旧2種機 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

A-gonが3段クルーンの旧2種機

A-gonはこのほど、「CRRAIZINMAN」の販売を開始。同機は、3段クルーンを搭載した旧2種タイプで、1回の大当たりで約2025個獲得できる「~2000×α」と約1215個獲得できる「~1200×α」の2スペックで登場する。盤面中央に、3穴のクルーンが3段、設置されており、最下段クルーンにある奥の穴を通過すると、大当たりが確定する。通常時は、盤面右下にあるスタートチャッカーに玉が入ると、デジタルの抽選をし、その結果、盤面中央右上にある7セグで、奇数図柄がそろうと、クルーン上部の羽根が開放。そこから玉を入れ、クルーンに到達させる。羽根は、7セグで7図柄がそろうと7回(時短中は13回)、それ以外の奇数図柄は1回開放する。大当たり後は、「~2000×α」では51%、「~1200×α」では65%で時短に突入。時短は3回転+保留2回で、その間は7セグで毎回転、7図柄がそろう。営業担当者は「羽根から入った玉は、クルーン手前で一旦、せき止められてから一気に流れ込みます。一つの玉で当たりを目指すのではなく、複数の玉がクルーン内で動き回り、当たりを狙うさまは圧巻です。今までにないクルーンの使い方ではないでしょうか」とPRした。ホール導入は5月7日から。

20180312_a-gon.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
設定付きパチンコ VS 6号機

●投資に見合うかどうか、それが問題だ
●"甘口"よりも"激辛"がウケる!?
●設定付きは"〇〇かも"が伝わる
●ポイントは"追いかけやすさ"
●ニーズに応えた6号機に勝機あり
●稼ぎ頭を生かせるのは6号機だけ
●短時間勝負が休眠客を呼び戻す
●パチンコの設定が年配客離れに!?

▼注目機レポート/CRシャカリーナ
回って跳ねて、そして踊る! 楽しさは"動き"の中に


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg

no2_pr_ryu2.jpg
cla04.gif
smap.jpg


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved