パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>PCSA勉強会、日工組と日電協が新自主規制に言及 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

PCSA勉強会、日工組と日電協が新自主規制に言及

PCSA(加藤英則代表理事)は11月28日、東京都千代田区の「TKPガーデンシティPREMIUM神保町」で第18期第2回臨時社員総会を開催。冒頭、加藤代表理事は、年末に認定が切れる旧基準機やみなし機撤去に触れ、「一部のホールから、差別化のため、所轄に指摘されるまで使い続けるとの声がある」として会員に順守を求めた。総会後の公開勉強会では、日工組の渡辺圭市技術担当理事、高津巨樹管理遊技機部会長、岡部勝也機歴管理部会長、日電協の岩堀和男副理事長、高橋純一技術ワーキンググループ長が登壇。この中で渡辺技術担当理事は、依存対策の一環として行政に対し、あらかじめ定めた「特図の図柄ぞろい」や「回転数」で時短に突入することができるよう、時短発生契機の拡充を要望していると説明。「解釈運用基準の変更になるが、行政も理解してくれている。ただし、あくまでも依存対策なので、大当たりを保証する天井機能ではない」と強調した。なお、解釈運用基準の変更時期については、「メーカー側は年内申請を目指している」と述べるにとどめた。一方、岩堀副理事長は、日電協の自主規制として「AT機の低ベース化を目的としたペナルティ規制の見直し」「スタートレバー・ボタンを利用した演出規制の見直し」「ビデオリールを搭載した遊技機規制の見直し」を進めていることを明かした。

20191203_pcsa.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
新機種続々、パチンコここに注目

● V確2回ループタイプ
● 時短+保留タイプ
● 電チュー非搭載の隠れSTタイプ
● 旧1種2種混合2回ループタイプ
● 規定ゲーム数消化後モード移行タイプ
● 設定差の大きいタイプ
● 特図1・2打ち分けタイプ
● 高継続タイプ

▼特別企画
業界10大ニュース2019


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg