パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>特許訴訟でアルゼの上告を最高裁が棄却 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

特許訴訟でアルゼの上告を最高裁が棄却

プレーヤーが遊技をしない際に遊技機の音量を低下させるアルゼ(東京都江東区、余語邦彦社長)の特許技術を無効とした特許庁の審決取り消し請求訴訟で最高裁は5月8日、アルゼの上告を棄却。アルゼの特許無効が確定した。この技術などをめぐっては、サミー(本社・東京都豊島区、中山圭史社長)の「ホクトノケン」が特許を侵害しているとしてアルゼが210億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴。サミーは「特許は周知技術」などとして審判を請求し、特許庁が無効の審決を言い渡していたほか、知財高裁も無効審決を支持していた。


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
敏腕店長の営業術2018

●店舗への思いを力に変えてマルチな人材を量産する
●真似のできないコミュ力が自称ポンコツ店長の営業術
●実績と経験を積み重ね、わずか5年で旗艦店の長に
●1000円の重みを身に刻み、東北の地で"敗者復活"
8

▼営業支援特集
時代に乗り遅れるな! ホール環境整備計画
21

▼トレンドレポート
時代にマッチした景品払出機とは?
34


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg

no2_pr_ryu2.jpg
cla04.gif
medeiamix.gif


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved