パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

indexHOT TOPICS>SANKYO協賛の相撲大会に1300人が出場 ■サイト内検索 

HOT TOPICS

SANKYO協賛の相撲大会に1300人が出場

SANKYOは2月12日、東京都墨田区の「両国国技館」で開催した「第8回白鵬杯~世界少年相撲大会~」に特別協賛。第69代横綱の白鵬関が主催する、小中学生による相撲大会で、相撲を通じた各国との親善交流、青少年の健全な育成を目的とする。日本全国の相撲教室や道場の小中学生をはじめ、海外招致チームとして、アメリカ(ハワイ州)から6人、韓国から5人、タイから5人、台湾から5人、中国から6人、香港から5人、モンゴルから9人、約1300人が出場した。総合プロデューサーの放送作家・鈴木おさむ氏は「回を重ねるごとに参加者が増え、メディアの注目度も増しているが、一番大切なことは子供たちに心から相撲を楽しんでもらうこと」と述べ、参加者たちにエールを送った。また、名誉会長を務める白鵬関は「"白鵬"の名を冠した催しだが、主役は子供たち。大相撲、そして、国の未来を支える宝である彼らが1年間、汗と涙を流してきた稽古の成果を見届けてほしい」と語った。なお、会場内では、「紙相撲」や「輪投げ」といった、無料で遊べる4種類の屋台ブースを設置したほか、東日本大震災、および2月6日に発生した台湾地震への募金活動も行われた。

20180214_sankyo_hakuho.jpg


<BACK
<過去記事データベースへ
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集
設定付きパチンコ VS 6号機

●投資に見合うかどうか、それが問題だ
●"甘口"よりも"激辛"がウケる!?
●設定付きは"〇〇かも"が伝わる
●ポイントは"追いかけやすさ"
●ニーズに応えた6号機に勝機あり
●稼ぎ頭を生かせるのは6号機だけ
●短時間勝負が休眠客を呼び戻す
●パチンコの設定が年配客離れに!?

▼注目機レポート/CRシャカリーナ
回って跳ねて、そして踊る! 楽しさは"動き"の中に


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg

no2_pr_ryu2.jpg
cla04.gif
smap.jpg


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved