パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

index経営実務>集客のメディア・マーケティング(執筆/光吉眞澄) ■サイト内検索 

経営実務

集客のメディア・マーケティング(執筆/光吉眞澄)

2006.12月号/これからのホール経営の課題
大きな曲がり角に突入したホール業界。これからのホール経営は、どんな方向に向かうのか。長年やってきた中小ホールは生き残ることができるのか。変わりつつある業界で生き残るために、ホールはどんな転換を求められているのか…。最終回にあたり、中小ホールが取るべき戦略を改めて提案。情報公開と、顧客にアピールする「コンプライアンス」の重要性を説く。

2006.11月号/攻めの集客守りの経営
機械頼みの集客が今後、ますます困難になっていき、広告宣伝やイベントなどの(自主)規制が強化されつつある中、顧客を確保するためには、ホールの個性が必須条件になっていく。先行き不透明な時代を乗り切るため、“計数管理の重要性”を再認識しながら、集客のためにホールが何をできるのか、改めて考察していく。

2006.10月号/システムが可能にするホールの差別化
ホールコンピューターの活用は多大なコストがかかり、人手や知識も必要なので、大手ホールに有利と考えられがち。しかし、本当にそうなのだろうか? 中小ホールにこそ、実は、ホールコンが必要不可欠なのであり、他店との差別化を標榜するとき、最大の武器となりうるのではないかという観点から、ホールコンを“メディア”として利用する方策を考える。

2006.9月号/顧客とのコンタクトポイントで勝負
パチスロ5号機への完全移行が迫っている中、今後、集客力の差は、顧客への「コミュニケーション力」の有無にかかっていると言っても過言ではない。顧客から好かれるホールにするには、どうすればいいのか? 今号では、ホールにおける顧客との接点をあらためて洗い出し、それぞれのメディアにおける効果的なコミュニケーション法を探っていく。

2006.8月号/データ活用による集客促進対策
低射幸性時代になり、今まで以上に機械選びが重要になってくる。「この台さえ大量に導入しておけば一定の営業利益が得られる」という安易な考えでは、この先の厳しい時代を乗り切るのが困難であることは言うまでもない。そこで、自店の顧客が求めているのは、どんな機種なのか、ホールコンピューターを駆使して、導き出す方法を探る。

2006.7月号/集客利益に対するコスト効果の重要性
今後、市場の大半を占めるだろう玉(メダル)単価の低い低射幸性遊技機。遊技機の性能に頼る営業からの転換が急務だ。また、市場が成熟して顧客が減少気味になり、奪い合いになる時代ともいえ、そんな中で生き残るためには、事業経営の“効果率”を細心の注意で計測することが必要。そこで重要になるのがホールコンピューター。その活用法を探る。

2006.6月号/ホールコンが導き出す“結果”を検討する
人気機種の検定切れなどで、スロットを中心に低射幸機への移行が一気に進む。そこで、今一度、パチンコとはどんな遊びで、ホールは何を提供すべきかを考え、それを踏まえた上で、ホールコンピューターを活用して、「SEE」(チェック&リサーチ)から、集客効果を上げるための「PLAN」(対策)を導き出すための方法を探っていく。

2006.5月号/競争に勝つためのメディア・コントロール
ホールと顧客との接点である遊技機やチラシ、店内POPなどはホールにおける重要な“メディア(媒体)”といえる。これをコントロールすることで、顧客の動向を知り、満足度を上げることがこれからのホール経営の重要な鍵に。ホールにおける顧客との接点となるメディアを一つひとつ検証。有効な活用法を考察していく。

2006.4月号/ホールはメディア産業
「遊技機ごとの収支」や「出玉の管理」、「不正行為の監視」などホール運営の要をつかさどるのが、ホールコンピューター。今やホールにとって無くてはならない存在だ。ホールコンピューターに集積される情報を、これまでと異なった視点で見つめてみれば、利用されずに眠っている情報の価値に、気付くはず。

2006.3月号/生き残りの鍵は「情報の開示」
「他店にない個性を得る」ことは決してたやすいものではない。新機種がリリースされるたびに台を入れ替え、イベントを打つだけならば、どの店も既に行っているだろう。そこで本稿では、パチンコ・パチスロとはどのような「遊び」なのか、この遊びが迎えるのは果たしてどんな未来なのかを予測することから、個性化の糸口を探っていく。

2006.2月号/イベントと告知の訴求力を強化する
「ホールに足を運ぶ客を増やすには、何よりもまず射幸性を高めるべし」そのように思い込んではいないだろうか。ともすれば惰性で開催しがちなイベントとその告知を、メディア・マーケティングの視点からあらためて見直すことから、集客力アップへの道を探る。

2006.1月号/効果的な差別化を考える
いかなる業界においても集客ならびに顧客の定着は大きな課題である。これらの課題に取り組む上で、マーケティングを避けては対策の糸口は見つけられないであろう。そこで、本稿ではホールの集客をメディア・マーケティングの視点から捉えてその問題点を浮き彫りにし、アミューズメント業を対象とした顧客創出についての提案を図る。


<BACK
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集

「賞品問題」をもう一度

●経済原則の中で換金を考える
●第三者性を担保する最低条件
●第三者性を補強する三つの方策
●ホールと問屋の連携が不可欠
8

▼ピープル
大分県遊技業協同組合 力武一郎理事長
依存問題対策を契機として働く人が誇りを持てる業界に
20

▼注目機レポート/
パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒
バトルを制してRUSHを目指せ期待値はアベレージ1350
30


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg


pix_bana.gif


©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved