パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

広告のお申込み 購読のお申込み

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

index経営実務>危機管理とマンパワー(執筆/韓次郎) ■サイト内検索 

経営実務

危機管理とマンパワー(執筆/韓次郎)

2005年6月号 内部通報制度は有効か
三菱自動車のリコール隠しをはじめ雪印牛肉偽装事件、また武富士のサービス残業問題等、いずれも内部告発が発端で明るみになった。告発者は、企業側からすれば「裏切り者」、「密告者」であろうが、社会全体からすれば同類事故の未然防止と公益の損失を最小限に抑える効果がある。今回は、健全化に向けて走り出したパチンコ業界企業において、内部告発の取り扱いや内部通報制度導入の可能性について探ってみます。

2005年4月号 クレーマーへの対応
大衆娯楽の王様として支持されてきたパチンコ。しかし、ギャンブル性が強くなり遊技代が平均1万円を超えるようになった頃から、ホールにはハイリスク・ハイリターンを求める遊技客の殺気にも似た興奮が漂いはじめた。憩いと癒しの空間を提供しようとするホール側の思惑との乖離は、新たなクレーム発生の場となりつつある。今回は、日々直面するお客様のクレームに対し、どのように対応すべきかを取り上げます。

2005年2月号 不正・事故の予兆と対策
企業が存続していく上ではさまざまな危機が横たわっている。しかもそれらは予測が可能なものもあれば、不可能な場合もある。店舗内外の不正・事故を未然に防ぎ被害を最小限に止めるためには、発生の予兆をいかに予測・察知し、事前に有効な対策を講じるかにかかっている。そのためには、まず内部体制を整えておくことが不可欠な条件となる。そこで今回は、ホールにおける不正や事故の予兆を察知するためのポイントを紹介します。

2004年12月号 ゴト対策業者の選び方
不正遊技による被害は、今も増え続けている。体感器やクレマンに代表されるパチスロでのゴト被害は、発生件数や被害額において、すでに危険水域に達している。そんななか、ゴトされない遊技台の開発や行政の指導、業界の抜本的な対策などが早急に望まれる一方で、藁をもつかみたいホールにとっては、待ったなしに不正対策という過重な負担が強いられているのが実情だ。そこで今回は、ホールにおける適正な対策、費用対効果のバランスを考えた、対策業者との付き合い方について考えてみます。

2004年10月号 ゴトとその背景
昨今のゴト事情は、過去の様相とは想像もつかないほど大きく変貌し、組織化・凶暴化・高度化するとともに、その被害額が計り知れないほど大きくなったことが挙げられます。こうしたゴトを排除するためには、まずその大変貌がどのようなキッカケで起こり、今日どのような原動力に支えられているかを見極めることが大切で、今回はいまや業界を揺るがすほどに巨大化したゴトについて、その背景と対応策を提案します。

2004年8月号 店長と危機管理
企業は儲けることに失敗しても潰れますが、危機管理につまづいても破産することがあります。そこで今回はパチンコ業界における企業、中でもパチンコ店の視点から危機管理を考えてみます。パチンコ店における店長の役割は、店の盛衰を左右するほど絶大なものがあります。それゆえオーナーは店舗を考えるとき、まずトップに誰を据えるのかを考えます。では、危機に対応するために店長に求められるものは…。


<BACK
INDEX ホットトピックス プレイマーケットレビュー ニューマシン 経営実務 新製品ニュース 検定通過情報 業界資料 業界リンク ホール情報 掲載製品資料請求フォーム 広告掲載について メルマガについて 取材依頼フォーム その他お問合せフォーム

▼特集

依存問題って何が問題?

●依存者が半減!? 536万人のウソ
●決め手を欠くバッシングの根拠
●批判に対して業界が考えるべきこと
12

▼営業支援特集

時代をリードするサービス
店舗イノベーション2017
33

▼平成28年版風営白書

店舗減少数は過去5年で最大 行政処分件数は3分の2に
22


plamaga_top.jpg
友だち追加

PLAY GRAPH Blogs

blo_megami.jpg



©2017 PLAYGRAPH Co.,LTD. All Rights Reserved